このエントリーをはてなブックマークに追加

搭乗者傷害保険の内容

自分が運転をしている自動車が事故を起こしてしまった、または事故に巻き込まれてしまった場合、まずは相手となっている人や物を、賠償する責任が発生する可能性があります。
自動車事故の場合、現場検証などによって過失割合が決められ、その割合に沿って賠償を行う示談に持ち込むのが一般的なケースです。
そして、多くの人が任意保険に加入していますので、その自動車保険を活用して、示談交渉や賠償を行います。
ただ、自分が100パーセント悪いという自動車事故を起こしてしまい、相手をケガさせた上に、自分自身も酷いケガを負った場合には、自動車保険は役に立つのでしょうか。
まず、相手に負わせたケガの賠償に関しては、対人保険でカバーすることができます。
さらに、自賠責保険も、この事故の相手に対する賠償金をカバーするための保険です。
しかし、自分自身が悪いという事故の場合、自分のケガなどに対する保障はどうなっているのでしょうか。
実は、この部分をカバーするのが、搭乗者傷害保険なのです。
自動車保険には、ほとんどの場合搭乗者傷害保険が付帯していると思います。
この搭乗者傷害保険の場合、過失割合や他の保険からどの程度の給付が受けられるのかといったことは、関係がありません。
そして、もし相手からの賠償が受けられる場合でも、傷害保険には影響がありません。
つまり、搭乗者傷害保険は、状況に関係なく、条件に合っていれば保障が受けられるという保険なのです。

Copyright (C)2017自動車保険選びのポイント☆大研究!.All rights reserved.