このエントリーをはてなブックマークに追加

車両保険の免責について

どういった点に注目して自動車保険を選ぶかにもよりますが、もしもできるだけ自動車保険の保険料を安くすることを目的としているなら、車両保険についてじっくりと検討するべきでしょう。
自動車保険の中でも、車両保険はその必要性の有無が難しい部分です。
車両保険の保険金額は、保険会社側が、自社で調査した時価に従って決定します。
そのため、自由にドライバーが保険金額を決めることができません。
非常に時価が安く、保険金が支払われる場合でも、その金額が微々たるモノだという場合には、支払う保険料の方が金額が大きくなり、ムダになってしまう可能性もあります。
しかし、時価が非常に高いことが予想される自動車なら、車両保険は必須だと言えるでしょう。
そして、車両保険では免責金額も保険料を大きく左右します。
免責とは、修理代金などのうち、自己負担によってカバーする金額を指しています。
例えば、修理代金が20万円必要となった場合、5万円を免責金額としておくと、5万円を自己負担し、残りの15万円を保険によってカバーすることになります。
自分でお金を支払うと、免責は何となくもったいないように感じますが、実際には相手がいる事故の場合、相手のドライバーが加入している自動車保険によって、修理代金の一部が受け取れることが多いのです。
そのため、相手の保険で免責金額を補うことができ、免責金額は自己負担とならないケースも多くなっています。
免責金額を大きくすると、その分保険料を抑えることができますので、免責にも注目してみましょう。

Copyright (C)2017自動車保険選びのポイント☆大研究!.All rights reserved.